« 忙しくて忙しくて | トップページ | 中野区・囲町の歴史(2) »

2008年12月20日 (土)

中野区・囲町の歴史(1)

JR中野駅北口から左側に線路を見て線路沿いの道路(区道)を西方に向かいますと、登り坂の右側に自転車駐車場、登りきって、都営駐車場と清掃車車庫、そして、高層の黒ビル(ドコモビル?)、さらに線路沿いを西方(高円寺の向かって)に進みますと、区営の自転車保管庫、次に、新東京木材協同組合の大きな建物があり、さらに、高木材木店と続きます。さらに線路沿い道路を進みますと、右手にベルビュマンション(築7年)があって、道路は一旦突き当りのような形状になります・・・・・

この突き当りの場所に、民家やアパートと並んで、三和電機株式会社本社ビルがあります。実は、ここの街区までの間、昔、JR(当時は国鉄)中央線本線から、支線が分かれて敷設されていたのだそうです。その支線を巡るお話と、線路沿い道路(補助221号線)沿線の昔話を地元の長老でいらっしゃる、Kさんから伺う機会をいただきました。それはとてもとても貴重な貴重なお話でした。年明けになると90歳にさるKさんですが、未だご健在で矍鑠としています。そのお話をご紹介しようと思ってます。

次回へ続く・・・

12月 20, 2008 中野区 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166062/43472061

この記事へのトラックバック一覧です: 中野区・囲町の歴史(1):

コメント

コメントを書く